「Kataribe(語り部)」を世界へ。キックオフミーティング㏌南三陸

皆さん、こんにちは!カナです。

さて今回は、7月16日・17日に当館で行われた
「Kataribe(語り部)キックオフミーティングin南三陸」
の様子をご紹介いたします。

今回は宮城・岩手三陸沿岸部の語り部、
観光施設、宿泊施設、行政等、観光に携わる方々が集まり、
連携を深め、訪日外国人を誘客するとともに、
「語り部」を世界へ広げるための事業です。

1日目の最初は当館が運行する、
「震災を風化させないための語り部バス(高野会館コース)」
のインバウンド仕様を見学。

インバウンド仕様では「タブレット」を使用し行われます。

「多言語」を選ぶことができ、
語り部が行われている最中には説明文付の写真も映し出されるため、
訪日外国人の方にもわかりやすく、学んでいただけます。

また「高野会館(コース)」では内部への見学も行います。


「震災遺構」として遺る建物の内装は津波が襲ってきたときのまま。

足元の瓦礫などは安全にご案内ができるよう、片付けを行っておりますが、
津波で折れ曲がった鉄骨や、引き剥がされた絨毯や壁。
天井からぶらさがるシャンデリアや電気ケーブルなどはそのままの状態です。
【高野会館 屋上】※あの日津波は写真の人が居る場所まで到達しています。

↓高野会館についての詳細が掲載されています。ぜひご覧ください。
【高野会館と「命のらせん階段」が「震災伝承施設」に登録されました。】
【語り部バスのご案内はこちらよりご覧ください】

そして今回、テーマになっているのが「Kataribeを世界へ」
当館で行われたシンポジウムなどでも意見交換がされています。

高野会館の語り部を終え、ホテルに戻ってきた後はワーキンググループ会場へ。

当館阿部女将より「Kataribeを世界へ」への取り組み、
背景や思いをご参加いただいた皆様に伝え、

そのあとに、ご参加いただいている施設様より
「過去の取り組み」「現状」「南三陸への想い」を紹介いただきました。

「Kataribe」を世界に発信するにあたり、
「誰に何を発信していくことが大切なのか。重要であるのか」

「訪日外国人向けに語り部を体験していく上で、
何をつたえていくべきなのか。対日本人に対しての違いは何なのか」

をグループディスカッションにて、意見の交換がおこなわれました。

この事業は1年を通して意見交換会やワーキンググループや統計調査を行い、
持続的で自走できる海外誘客を目指す取り組みです。

秋には、釜石でもワーキンググループを開催する予定です。
宮城・三陸岩手沿岸部が県を超え、1つになり今後も頑張ってまいります。

2日目は、
じゃらんリサーチセンターの松本様に
「現在におけるインバウンド事業」についてセミナーを行って頂きました。

そのあとは、1日目に意見交換をしたまとめを
また各チームに分かれグループディスカッションを行いました。

意見のまとめが終わったあと、
気仙沼へ移動し、「気仙沼伝承館」へ向かい、
こちらでは、気仙沼観光コンベンション協会の宝田様にご説明を頂きながら、
施設の見学を行いました。

今回の事業がまた次の取り組みにつながるよう、
情報発信をしてまいります。
ご参加いただいた皆様、引き続き、よろしくお願いいたします。

コメントを残す on 「Kataribe(語り部)」を世界へ。キックオフミーティング㏌南三陸

コンサートと新たな鳥居

こんにちは、むっちゃんです(*^^)

先日14日、当館ロビーにて
アコースティックギターコンサートが行われました。

主催は、東日本大震災支援ユニットFriends for 宮城 様
奏者は、東弘道様と岩井わい様です。

東弘道様は、関西を中心に音楽活動や作曲活動を続ける傍ら、
南三陸町では伊里前福幸商店街・南三陸さんさん商店街、
気仙沼市の小泉地区での夏祭りにて素晴らしい歌声を披露し、
何度も被災地へ足を運んでくださっています。

岩井わい様は、関西だけでなく全国を回るなど積極的に音楽活動を行い、
作曲活動やミュージシャンのサポートメンバーとしても活動するなど、
幅広い活躍が注目されているミュージシャンです。
南三陸町にお越しいただいたのは今回が初めてだったとか。

東様は「花とキャンパス」「海風」「軌跡」など
岩井様は「あくび」「パラレルワールド」など
様々なオリジナル曲を披露してくださいました。

響く素敵な音色に誘われて、ロビーにはたくさんのお客様が。

ちょうど1年前はチェロとピアノのコンサートを開催していただきました。
毎年お越し頂きありがとうございます!
次回も楽しみにしています♪

Friends for 宮城様のフェイスブックはこちら↓
東日本大震災支援ユニット Friends for 宮城

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

そして!

ホテルから車で約10分。
サンオーレそではま海水浴場のすぐ傍の荒島に
新しい鳥居が建立されました!

海水浴場に遊泳でお越しの際には
こちらにもぜひ足を運んでみてくださいね(ˊᗜˋ*)

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

2019年7月27日(土)志津川湾花火大会開催!
ぜひ、お越しくださいませっ(*‘∀‘)

コメントを残す on コンサートと新たな鳥居

マリンパルだより7月 その3

いらっしゃいませ(^^)/マリンパル保育士小野寺です。すっきりしないお天気が続いていて、梅雨開けが待ち遠しいこの頃ですね。そういえば・・・2年前、朝からの大雨の中、再建した新居への引っ越しをしたことを思い出しました。ちょうど丸二年経ち、気仙沼のみなし仮設生活から解放され、安心してゆっくり生活できる場所があることに改めて感謝の気持ちがわいてきます。長く住み続けられるように、家も大切にしていきたいと思います。

さて、今週16日(火)からスタートした展示会「あなたのとなり展」~ひろはま かずとしの言の葉墨彩画『祈りあふれる幸せな日々』が開催されています。震災以来ずっとホテルで開催してくださり、今回で22回を迎えました。

直筆作品の数々に加え、夏限定グッズ、オリジナルの手作りグッズがたくさん展示販売されております。

こちらが直筆画です。

会場でひときわ目を引く、大作直筆画!

夏限定グッズのポストカード、栞、シール、ボールペン!

小野寺のお気に入りは、こちらのガラスの風鈴です。音色も涼やかで、描かれている蛍もとてもきれいです!すでに自分用にと2つ購入してしまいました♪

蒲郡の海岸で拾った貝殻で作った貝のお花のネックレス!きれいですね(#^^#)

トンボ玉のネックレスとヘアゴムも、いろんな柄があり選ぶのが楽しいですね♪

今回のテーマは、「今捨てるべきものとつかみたいもの」をそれぞれ記入していただき、メッセージを集めます。貝殻のカードにテーマに合わせたメッセージをご記入くださいね!

夏の雰囲気たっぷりの素敵な展示コーナーになっておりますので、ぜひご覧くださいませ♪皆様のお越しをお待ちしております!

 

 

マリンパルだより7月 その3 への1件のコメント

台湾からインターンシップ生がやって来た!

大家好,我是惠。
皆さん、こんにちは。恵です。

進入7月,我們陸續迎接來自台灣5所大學院校的學生,
來南三陸體驗溫泉旅館的暑期職場體驗和日本文化學習,
在這裏一一向大家做介紹,請大家關注我們喔!

7月に入り、台湾の5つの大学の皆さんをインターンシップ生として迎えました。
学生たちの夏休みの職場体験と日本の文化を学習する日々が始まります。
今回は、そんな台湾のNEWインターンシップ生を紹介いたしますので、ぜひご覧くださいませ。

首先我們迎接到的是來自靜宜大學的範さん和張さん兩位同學、
她們將爲期一年的飯店實習,兩位同學很活潑,
大家光臨本館的時候有機會見到不防打打招呼,
相信流利的日語會給大家留下深刻的印象。

まず私達が迎えたのは静宜大学から来た范さんと張さんの二人の学生でございます。
当館では一年間を実習をします。
二人の学生はとても活発で、
当館にお越しの際には、そんな二人と遭遇して挨拶をする機会もあるかもしれませんね。
流暢な日本語で、皆さんに良い印象を与えると思います。

陸續到達的還有來自其他四所大學為期2個月的同學們,
快樂的暑期職場體驗生活開始了,
大家的到來也爲在災區的一直工作的我們帶來了動力,
希望大家把所見所聞在兩個月后帶回台灣的大學和身邊的親人,
兩個月的實習生活,相信大家一定會成長很多,我們拭目以待。

そして、数日後に到着したのは、台湾の他の4つの大学から来た2ヶ月間のインターンシップ生です。
楽しい夏休みの職場体験が始まりました。
皆さんは被災地でずっと働いている私達に若さや、活力をもたらしました。
皆さんはここできっと多くを学びました。
その人として大きく成長することを期待しています。

今天是大家到來的第二個星期,本舘的各部門實習已經順利進行中,
前幾日的休息日,大家還一起出行去購物和用餐,
快樂的暑期海外生活給一直繁忙緊張的同學們帶來了輕鬆和釋放,
我們會持續傳達同學們的工作和實習的點點滴滴,
請大家繼續關注我們哦。

今日は皆さんが来てから二週間が経ちました。
当館の各部門での実習も順調に進んでいます。
先日の休みの日には、みんなで買い物や食事に出かけたりしました。
楽しい夏休みの海外生活は、慣れない環境でのず忙しい生活だった為、
学生たちには気分転換のひと時となった事でしょう。

それではまた来週。

Book us at;

コメントを残す on 台湾からインターンシップ生がやって来た!

三陸でメカジキを堪能!

 

三陸道が開通しまして、仙台や南三陸からもますますアクセスが便利になった気仙沼。
三陸グルメを食べにおでかけしてみてはいかがでしょうか?

気仙沼といえば、『世界三大漁場』のひとつ!
一年を通して多種多彩な水揚げを誇ります。
パッと浮かぶだけでも、サンマ、カツオ、マグロ、ホヤ
加工品ならフカヒレなどなど…


本社「阿部長商店」が経営する【気仙沼 お魚いちば】では鮮魚の販売も行っております!

また、市内では各漁港で水揚げされた新鮮な海の幸が堪能できて
様々な海鮮グルメを楽しめます。

そんな気仙沼ですが、「メカジキ」が漁獲量連続日本一!
地元の人たちにとって昔から身近で特別な海の味覚です。
家庭では、メカジキの中骨に残った肉を
スプーンなどで削いで得る中落ちを
豚肉の代わりに使った「メカカレー」が食べられていたとか。

 

 

そんな「メカカレー」が、
「気仙沼 海の市」内にございます
【海鮮レストラン リアスキッチン】でお楽しみいただけます!


<メカジキカレー ¥1,000円(税別)>

欧風カレーは、ほのかな酸味としっかりした辛味が特徴。
温玉や粉チーズでマイルドにもできるので
味を変化させながら食べるのがオススメです。

メカジキもこのとおり
大き目のお肉がゴロッと入っていて食べ応え抜群!

まずはカレーをすくって一口、
次に温玉と絡めて一口と、
一皿で様々な楽しみ方ができますね。

 

 

また、南三陸ホテル観洋の敷地内にございます
【海フードBBQ】でもメカジキメニューが召し上がれます!


<メカジキのハーモニカ定食 ¥800(税別)>

メカジキの「ハーモニカ=背びれ根元部分」を
じっくり煮込んだ定食です。
「ハーモニカ」は煮込んでも固くなりにくく
骨からの身離れもよくて、お子様から大人の方まで楽しめます。

「ハーモニカ」の呼び名の由来は諸説ありますが、
調理前の捌いた状態が楽器のハーモニカの断面に
似ていることからつけられたのだとか。

白いごはんと一緒に頬張りたくなる色ツヤです♪

ドライブ日和な初夏の日には、
ぜひ三陸沿岸をドライブしてみてはいかがでしょうか?
三陸ならではのグルメをご堪能くださいませ♪

●- – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – -●

2019年7月27日(土)志津川湾花火大会開催!
ぜひ、お越しくださいませっ(*‘∀‘)

コメントを残す on 三陸でメカジキを堪能!