しろくま楽団 演奏会

一週間ぶりのご無沙汰です BlueBirder*S です。

 

何をさて置いても、九州・中国・四国・中部地方を襲った集中豪雨

被害をに遭われたみなさま方には 心よりお見舞い申し上げます。

今後これ以上 被害が拡大しないことを お祈りいたします。

 

さて、観洋では この6日7日と連夜で ジャズバンドの演奏会がありました。

バンドの名は 「しろくま楽団」

リーダーの木﨑さん曰く、しろくまは絶滅危惧種

楽団名はそれにかけた命名なのだとか・・・

しろくまさんたちの使命は、とにかく「生の音楽の魅力をお伝えすること」

そもそも、しろくま楽団は、ピアノ担当でリーダーの木﨑二朗氏が主宰する

ジャズのワークショップの活動の中から生まれました。

彼のレパートリーは何と1000曲! 人間ジュークボックスの異名を持ちます。

百戦錬磨、生演奏専門のプロフェッショナルグループです。

演奏はジャズやスタンダード、映画音楽やダンスミュージック、

童謡唱歌や歌謡曲など幅広い音楽をカバーします。

この二日間も、茶色の小瓶、情熱大陸、散歩 のほか、

リクエストに応えて 6日は ゴッドファーザー愛のテーマ、慕情、ラストダンスは私に、

ダイアナ、スターダスト、太陽がいっぱい を演奏。

ラストダンスは私に では 1歳に成りたてと思しき女の子が リズムに乗って踊りだし

思わず微笑んでしまいました。

しろくまさんたちの演奏は、まだ、物心もつかない子どもの心もつかんで

軽やかにスイングさせてしまっていました。音楽っ・・・て、い~いものですね!

7日は、イパネマの娘、峠の幌馬車、ラ・クンパルシータ などなど次々と演奏する中、

聴衆は徐々に増え、仕舞には何と100人にまで膨れ上がりました。

すると演奏はますます興に乗り 絶好調~♪

リーダー木﨑さんの毒舌トークも冴えわたり、みなさん それはもう大満足。

大勢のみなさんが、心地よく楽しいひと時を過ごし

募金にも 快く応じてくださっていました。

募金すると、バンドの生演奏を収録したCDがもらえるんです。

全国各地、コンサートホールから病院、美容院、温泉、幼稚園や学校、お寺、蕎麦屋、

介護施設、リハビリルーム・・・と

ありとあらゆる場所で生の音楽の魅力を伝えるための活動を

精力的に展開しています。

声がかかればどこへでも演奏にうかがうので遠慮なく相談してくださいとのこと。

どうぞ、声をかけてみて下さい。連絡先は、090-8175-5016 木﨑さま。

ホームページは http://www.jws-net.comです。

しろくまさん、また お待ちしております。

コメントを残す on しろくま楽団 演奏会