日本の国技!相撲と岩井崎!?

大家好!我是惠.

皆さん、こんにちは!恵です。

今天和大家分享下日本國技-相撲,作為日本傳統文化的古稱:素舞,也是一種類似摔跤的體育活動,距今約1500多年的歷史.

日本の国技であり、日本の伝統文化である相撲!
ここでは1500年以上続く相撲を紹介したいと思います。

相撲是一種傳統的運動,它是人類的斗爭本能所表現出的力量,
是一種相互合作的產物,
於此相似的體育運動自古以來在世界各地進行.

相撲は人間の闘争本能の発露である力くらべや、
取っ組み合いから発生した伝統あるスポーツである。
これによく似た形態のスポーツは古来世界各地で行われた。

日本作為相撲的起源,在古事記712年和日本書記720年中,有一股力量在傳說.

 

日本の相撲の起源としては、
古事記(712年)や日本書紀(720年)の中にある力くらべの神話や、
宿禰(すくね)・蹶速(けはや)の天覧勝負の伝説があげられます。

相撲是衡量那一年農作物收成的祭典儀式,
每年都舉行,這也是後宮狂熱的活動,持續了300年.

相撲はその年の農作物の収穫を占う祭りの儀式として、毎年行われてきた。
これが後に宮廷の行事となり300年続くことなる。

我懷着對日本相撲歷史的好奇,有幸參觀到大家的日常起居,在這裡分享給大家.

私は日本のお相撲さんに興味を持ったので、皆さんの日常生活を見学しました。

在這里特別推薦距離本飯店40分車程的,三陆复兴国立公园位于気仙沼南端,
被松树所环绕形成的美丽海岸(丘),海岸(丘)的最先端,
被海水常年侵蚀而形成了巨大岩孔,每当潮长的时候,海水拍打岩石,
巨大的水花从岩孔喷出,场面十分壮观,因此得名「潮吹岩」。

東日本大地震后,有一棵形似飞龙的松树成为了焦点,因海啸冲走了树叶,
只剩下了弯曲很大的主干,枝丫看起来就像龙角,
龙足一样,所以被称为「龍之松」。
最為引 人注目的是受海嘯災害而留下的第9代平秀,山雷秀的銅像,
依然屹立與此地.大家有機會一定要去的喔.

そして、当館から車で40分程の三陸復興国立公園を紹介します。
気仙沼の最南端に位置する松林に囲まれた美しい岬です。
岬の先端には、
海蝕洞の岩孔に波が打ち寄せるたびに潮を吹き上げる潮吹岩(しおふきいわ)があります。
また、津波の被害にも負けず残った「第9代横綱 秀ノ山雷五郎」の銅像や、

 

津波によって幹や枝などが被害を受けたものの、
一部が奇跡的に龍の形に残った「龍の松」などがあります。

それでは、また来週~(^o^)丿

コメントを残す on 日本の国技!相撲と岩井崎!?