日本伝統の正月飾り~門松と鏡餅~

大家好!  我是惠.

皆さん、こんにちは!恵です。

在這裡,向大家介紹下日本新年傳統文化,首先是門松,在日本門松象征長壽,主要由松竹梅組成,日本平安時代由中國傳入日本,江戶時代又有吉祥的意義.

今回は、日本の文化を紹介します。
その1…門松は正月飾ると、歳神と呼ばれる神様を山から迎え入れることとなり、
幸せをもたらすためにやって来ると言われています。
門松は日本の平安時代に、中国から日本に伝わり、
江户時代には、日本でも松を「おめでたい樹」として、
正月には門松を玄関に飾るという習慣が根付きました。

其次,介紹下鏡餅,指供奉給神靈的年糕,日本家庭在過新年的時候,裝飾在家中,祈求新的一年一切平安吉祥.

鏡餅は昔、鏡が円形だったことから鏡餅と呼れていました。
日本の家庭では、新年(松の内)を過ぎると家に飾ってある鏡餅を下げて、
お汁粉や雑煮にして食べるのが一般的です。
また、この松の内は、地域によって日にちが異なるという事です。

このように日本の文化を改めて調べてみると、
今まで知らなかった事が多いなあと思いました。

それでは、また来週(^_^)/

コメントを残す on 日本伝統の正月飾り~門松と鏡餅~