三陸リアス海岸の南端!金華山をご紹介♪

皆様こんにちは。スズでございます(o^0^o)

6月に入り、雨の日も多くなってまいりました。
そろそろ夏休みに向けての予定を立て始めた方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、三陸復興国立公園の南端にございます、
「金華山」をご紹介いたします。

三陸復興国立公園とは、平成25年5月に創設された、青森県・岩手県・宮城県と三県にまたがる南北約220km、面積28,537haの国立公園です。東日本大震災により被災した三陸地方に貢献するために創設されました。災害からの復興を目的のひとつとした、国内では前例のない国立公園です。(環境省HPより)当館も実はこの国立公園内にございます!

 

まずは、牡鹿半島南西にございます鮎川港へ。当館からは車で約90分です。

(船は鮎川港・女川港と2つの場所から出ていますが、女川港からの船は日曜・祝日のみの運行です。この日は鮎川港から船に乗りました!)

港には、可愛らしいクジラのアーケードが^^

 

今回は、こちらの小型船に乗って、しゅっぱーつ!!

ウミネコさんたちも元気いっぱいです(*^o^*)

大迫力ですね!!

鮎川港から、小型海上タクシーに乗って15分ほどで金華山に着きます。

 

金華山は、地震による被害も大きかったそうで、地盤沈下により元の地面より1m20~50cmほど下がっているところも・・・

各地で嵩上げ工事等も進んでいます。

 

こちらは黄金山神社です!

 

金華山は、恐山・出羽三山と並ぶ、奥州三大霊場の一つです。

黄金山神社は、古来より黄金の神、生産の神として信仰を集め、商売繁盛の御利益が授かるとも言われているそう。また、3年続けてお参りすれば、一生お金に不自由しないという言い伝えもあります。

 

私は御朱印もいただきました!

 

そして、金華山では沢山の鹿が保護されています。

金華山で鹿は神様のお使いとされ、神鹿(しんろく)とも呼ばれます。

海の見える丘で鹿たちもまったり(o^o^o)

 

港から少し登った丘の上には、「三陸復興国立公園」の看板がございます。

絶景写真スポットでした!

 

 

港の近くには、綺麗な砂浜海岸が残っていました。

南国のような透き通った海に感動しました\(^o^)/

もう少し島にいたい気持ちもありつつ、

帰りの船の時間もあったので、少し早めに切り上げて、鮎川に戻ります。

 

 

こちらは、鮎川港からすぐのところにある、「おしかのれん街」です。

お食事やお買い物が楽しめます!

 

 

また、牡鹿半島の先端には、「おしか御番所公園」という公園がございます。

江戸時代に仙台藩が「唐船」の襲来に備えて見張り所を設置していたと言われる、この御番所公園。(石巻市ホームページ参照)
高い位置には「展望棟」があり、360度の一大パノラマの眺望が楽しめます。

 

御番所公園から眺める金華山です!(^^)

 

また、バードウオッチングができる「野鳥観測所」やお子様も楽しく遊べるアスレチック等もあり、大人からお子様まで楽しめます。

この日は雲一つない晴天で、絶好の観光日和。

なんだか私も、小学生に戻ったような気分でした!

 

 

東北にはまだまだ素晴らしい自然が沢山ございます☆彡

皆様もぜひ、三陸沿岸の旅を計画してみてはいかがでしょうか??(^○^)

 

↓↓ ご予約はこちらのバナーをクリック ↓↓


★お買物はどうぞ南三陸復興ストアへ!
大口注文などどうぞご相談下さい。
南三陸復興ストアのインスタグラム出来ました♪

 

kirakirabanner.png

 ★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で7周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

 

こちらのるるぶ限定クーポンは当館も対象です(*^^*)!

ぜひクリックしてみてね★☆


☆夏休みの旅行に!6~8月の宿泊で使える!☆
最大5,000円割引クーポン【るるぶトラベル】で宿泊予約

コメントを残す on 三陸リアス海岸の南端!金華山をご紹介♪