マリンパル福興だより パート6 2月その3

いらっしゃいませイヌだよ。挨拶だよ。お辞儀 の絵文字
保育士ゆみかです。

年度末ですね。いろいろなもののしめくくりが増えてきます。
今週は避難訓練の修了式をしました。

(こちらののんきな写真は、訓練とはなんら関係はございません(笑))

今年度も「地震」「火災」「津波」「不審者」「引き渡し訓練」など、さまざまな視点・規模を想定した避難訓練を月に一回おこないました森ガール の絵文字

子どもたちは、紙芝居でお話を聞いたり、園庭や山の上などへ避難したりする訓練をつみかさねてきました。

地震や火災などの怖さが分かり、保育者の声かけに応じて自分で自分の身を守るための行動がとれるようになる。これが1年間の訓練の成果です。
0歳から3歳前後の幼い子どもたちでも、訓練を積み重ねることにより力が身に付きます実写 の絵文字

ひとみ先生が一年間の訓練をふりかえったお話をすると、
「机にかくれる」
「だんごむし昆虫だよ。ダンゴムシ の絵文字のぽーず」
「(防災)ずきんかぶる童話だよ。赤ずきん の絵文字
など、たくさんのキーワードが子どもたちの口から出てきます。

(地震がきたら?!一斉に「ダンゴムシのポーズ」で大切な頭を守っています。)

毎日の、毎月の、毎年の積み重ねは、確実に子どもたちに届いているんですね。

一方で、訓練は職員のためのものでもあります。
今年度は、大きな台風天気 の絵文字が東北を直撃したり、大きな地震により津波注意報が発令されたあと、津波の高さが増してしまい、注意報が警報に引き上げられたりするなど、この地域では過去にあまり例がないことが起きました泣く、気持ち の絵文字

(火事になったら?!タオルで口をおおって避難するよね)

訓練では、子どもたちと自分たちの「命」を守る行動をとることを第一に考え行動します。その上で、保育園としての緊急時における姿勢や考え方などを職員間で議論し、共有します。

この時間の積み重ねが、子どもの命を預かる保育士という仕事の責任感を呼び起こし、いざというときの原動力になります。

一年間の訓練をがんばったので、ひとりひとりに、ご褒美メダルスポーツだよ。オリンピックだよ。金メダル の絵文字が授与されます。

一年間、いろいろな場面でつみかさねてきたごあいさつやお辞儀お辞儀 の絵文字も、とても上手にできるようになりました。

「きをつけー、ぴっ」
まっすぐ立ってから、、、

「ありがとうございますリラックマだよ。挨拶だよ。お辞儀 の絵文字
上手におじぎ。

「そうそう、ひとみくんひげ の絵文字、キミもおじぎがじょうずになったねぇ」
ってあれ?なんだか先生と子どもの立場、入れ替わってない?!顔だよ。笑う の絵文字

集合写真カメラ の絵文字も撮りやすくなりました。
年度の初めには自由に動いたり泣いたりこども の絵文字していた子どもたち泣く の絵文字、いまやすっかり落ち着いて座れるようになりました座る の絵文字座る の絵文字座る の絵文字
こんな些細な場面でも、みんなの成長を感じて笑 の絵文字、年度末だなぁと感じることが多い、今日この頃です。

今年度も、1年間よくがんばったね!パンダ の絵文字

コメントを残す on マリンパル福興だより パート6 2月その3