2016冬の鱈きくが登場!

 

 

こんにちは、南三陸に来て白子の天ぷらが大好きになったトーマスです(*´∀`*)

南三陸の今の旬といえば鱈!

201101寒鱈s.JPG

現地で注文可能な別注料理では、今しか食べられない旬の『鱈の白子』をご用意!
当館はお好みによって二通りの食べ方が楽しめます。

 

20110208鱈キク(白子 012.jpg

 一品目は、生で頂く『鱈きく』

『鱈きく』の「きく」とは、宮城県等の方言で「白子」という意味です。
菊の花に見えることからこのように呼ばれるようになったとか。
こちらは、濃厚な白子をポン酢で頂きます!
お酒の「おすばで」(方言で”肴”のこと)なんかにどうでしょうか?

agedashi.JPG

 二品目は、『白子の揚げだし』

こちらは、揚げ物にした「白子」をだしに浸して頂く一品です。
さくっとした揚げたてをお出ししますので、温かいうちにお召し上がりください!
一口食べるととろりとした白子の舌触りがとてもクセになります♪

 

2015鱈きく(揚出し・ぽん酢)_01.jpg

『鱈の白子』はどちらもお値段¥600(税込¥648)にてご提供しております。
ご提供は当日の水揚げ状況によりますので、チェックイン時にフロントにてご確認下さい。

この冬はお箸もお酒も進む逸品を、是非南三陸でお召し上がりくださいませ!

 

 

 

 
 ~ 本日のオススメプラン ~

0713plan.png

【ネット販売課おすすめプラン】個室食・眺望満点の東館角部屋で贅沢気分!鮑の踊り焼とふかひれ姿煮★

★★★★1日2組限定の特別プラン★★★★

[ネット販売課]が自信を持っておすすめのプランです!

【東館角部屋とは】・・・お部屋案内をすると必ず、「景色がすごいーっ!」とお客様が満足される2つの窓からオーシャンビューのパノラマが見えるとっても貴重なお部屋!

お部屋は東館のエレベ-ターを降りて奥へ進んでまいりますと、
角に位置する広さ15畳の、とても見晴らしの良い和室があります。
もちろんバス・トイレ付き。

ゆったりの広さと静かさが特徴のこのお部屋で、志津川湾の眺望をお楽しみくださいませ♪

 

それではまたお会いしましょう! トーマスでした(*´∀`*)

 

kirakirabanner.png

★ 南三陸キラキラ丼はおかげ様で6周年♪ ★
「南三陸ホテル観洋」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)