Kanyo from the sky

It was clear day when I was flying last week in the sky of Miyagi with an aircraft Cessna C174 4 seater.
dsc_4444-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

This is the cockpit of Cessna, good for traditional visual flight rules.
I have to start Set Up Procedure, before Take Off.
dsc_4443-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Start Taxi to Run Way of Semine Airfield in Kurihara City.
dsc_4448-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Fasten seat belt, Engine run up, check flight instruments, Release brake, Full throttle, then take off.
dsc_4338-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Up to leveled flight at 2500 feet approx. 800m over Tome city.
dsc_4452-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

Over road No. 398 between Tome and Minami Sanriku, finding Shizugawa area.
dsc_4455

Found Minami Sanriku Hotel Kanyo on the cape and Shizugawa area, Mount Tatsugane also.
dsc_4456

Hotel Kanyo under the Seikoku forest.
dsc_4458

Hotel Kanyo with sunshined Shizugawa bay.
dsc_4460

It was only 10 minutes from Semine Airfield to Minami Sanriku Hotel Kanyo.
I try to show you other area of Tohoku by next flights.
Sergio

(In Japanese)
空から観洋
先週4人乗りのセスナC174型機で快晴の中、宮城の空を飛びました。
これがセスナの操縦席です。有視界飛行には最適なのです。
まず、離陸前には出発点検を行う必要があります。
栗原市の瀬峰飛行場の滑走路へ向かって走り出します。
シートベルトを締め、エンジンの回転数を上げ、飛行計器類の確認を行い、ブレーキ解除、エンジン全開、離陸となります。
高度2500フィート(約800メートル)まで上昇し、水平飛行へ、既に登米市上空です。
登米市と南三陸町を結ぶ国道398号線が見え、その先に志津川地区が現れました。
岬の先端に南三陸ホテル観洋が、その先に志津川地区が、さらにその先に田束山が見えました。
ホテル観洋と正鵠の森。
ホテル観洋と陽光に輝く志津川湾。
瀬峰飛行場から南三陸ホテル観洋までは10分だけでした。
次回のフライトでは別の東北地域を紹介しますね。
セルジョ

コメントを残す on Kanyo from the sky